フォトアルバム

「地味南」内検索

205.イチゴ Feed

2013年2月11日 (月)

これからが苺の最盛期かな?

 

初の苺の収穫をした年末から、なかなか次が採れなくて、ちょっとまとまった収穫ができたのが1月19日confident
Strawberry_2013011903

 約3週間かかりました。
Strawberry_2013011901

 奥の3つがドルチェ・ベリーで手前5個が蜜香confident
 やっぱり自宅で採れる苺が市販のより美味しい~happy02

 …でも、この後が続かないcatface
 たま~に1個とか収穫できるけどねぇ…coldsweats01

Dorcheberry_2013020901

 現在こんな感じ。やはり葉が立ち上がってなくて、株もそれほど大きくないthink
 でも、花がたくさん咲いて、実の形もいい感じですhappy01
Dorcheberry_2013020902
 ↑ドルチェ・ベリー
Mitsuka_2013020901
 ↑蜜香

 そして、こちらはランナーから定植した蜜香の1株。花房が出て来ましたwinkgood
Mitsuka_2013020902

 複数の花が同時に咲くってのが大事なんですよねbleah
 今が一番良い感じで咲きそろっているみたいです。初春に向けて楽しみですhappy01

 ■栽培俺様メモ
 養液EC値: 1.0のまま。
 蜜香に炭疽病っぽい斑点が出た。摘葉。

2013年1月 6日 (日)

ゆっくりだけど収獲が始まったいちご

 

けましておめでとうございますsun
 今年もよろしくお願いしますwink

 今年最初の記事は苺の水耕栽培の様子ですconfident
Mitsuka_2013010505

 定植から2ヶ月半。やっと苺が色づき始めましたhappy01
 上の写真で赤くなっているのは蜜香です。蜜香はこの他にも1個だけギリギリ年内に収穫できましたwink
Mitsuka_2012122401

 最初に咲いた花で受粉してないのでいびつな形ですが、12月24日に収穫しました。
 早速食べましたが、市販の苺より甘くて美味しかったhappy02
 苺の水耕栽培って、水耕のせいなのか、はたまた自宅で完熟させるからなのか、すごく甘くておいしい苺ができるんですよねhappy01

 蜜香は実がついているのは2株で、1株は花房は出たけど元気がなくなって枯れそう。
 隣の株からランナーが伸び始めたので、つなげたまま枯れ始めた株の横に突っ込んじゃいましたcoldsweats01
Mitsuka_2013010502

 もう一つの品種 ドルチェ・ベリーはあともう少しで赤くなり始めるかなconfident
Mitsuka_2013010501

 こちらも実がついているのは1株だけgawk

 今シーズンの苺はイマイチですね~coldsweats01

2012年12月 9日 (日)

水耕イチゴは定植から6週間

 

年の水耕イチゴは生育が遅いなーthink
Dorche_2012120902

 ドルチェベリーはまだいい方ですconfident
 株も大きくなってきて立派な花も咲き始めていますhappy01
Dorche_2012120901

 でも蜜香の方はいつまで経っても株が小さいままthink
Mitsuka_2012120902

 葉欠きも1度行なっていますが、あとから出てくる葉があまり大きくありませんdespair
 それでも花だけはたくさん咲くんですcoldsweats01
Mitsuka_2012120903

 この株はランナーも出てるし、花房はもう3つめですcoldsweats02
 やっと先週から授粉を始めましたが、最初に咲いてた花はいびつな実をならしはじめてますcoldsweats01
Mitsuka_2012120901

 今年のイチゴ栽培は品種の選択失敗したかなーcoldsweats01

2012年11月 4日 (日)

定植から3週間の苺たち

 の定植からあっと言う間に3週間経ちましたが、今年は生育がイマイチですgawk
Mitsuka_2012110402

 こちらは蜜香。新しい葉は4,5枚出てますが、どれも小さい葉ですthink
 花が咲いている株もありますが、株が小さいので授粉はしていませんconfident

 そしてこちらはドルチェベリー
Dorche_2012110402

 ドルチェベリーの一番左の株は定植時に萎れていた株なのでちょっと例外として、こちらは葉が大きめで、葉柄も長いですねconfident

 ここから推察すると、品種によって生育状態が違うようです。ということは、蜜香には環境があってないのかなsign02coldsweats02
 サンルームなので昼間は35℃を超える気温になります。もしかするとこれが生育に影響しているかもしれませんねthink

 根の様子も確認しておきます。
Dorche_2012110401 Mitsuka_2012110401

 左がドルチェベリー、右が蜜香。
 蜜香はドルチェベリーに比べると主根が少ない見たいですね。この辺が生育の差につながってるのかなthink

 もう少し葉が増えたら摘葉してあげますwink

2012年10月16日 (火)

今年の苺栽培は2品種

 

てさて、サンルームの害虫駆除が終わって第一弾は苺wink
 今年はサントリーさんの2品種を準備しましたconfident
Ichigo_2012101401

 ドルチェベリーは地味南初の四季なり苺ですconfident
 四季なりなので…なにか気をつけることあるのかなcoldsweats01sweat01
 「春も秋も採れる」と書いてあるから、来年の秋にも収穫できるってことだろうけど、地味南では例年6月には撤収してるから…えっ、意味なかったcatfacesign02

 それぞれ3株ずつ購入して、定植しましたconfident
Ichigo_2012101402

 いつものように定植前にダコニール1000倍液で消毒しましたwinkgood
 今年はクラウンから見える新しい葉と、プラス1枚だけ葉を残して極限まで摘葉。そして、根もカットしましたconfident
 根をカットしたのは、土耕の根を残してても最終的には腐って養液を汚すだけなのでできるだけ少なくしたかったのです。毎年数日で新しい水耕栽培用の根が伸びてくるので大丈夫でしょうconfident 多分coldsweats01

 栽培データ
 ■品種 ドルチェベリー、蜜香
 ■EC値: 0.5 (大塚ハウス5号も添加)
 ■pH: 6.1

2012年3月16日 (金)

水耕イチゴ通信3月16日号

 ょっと間があいてしまいましたが、水耕イチゴの様子ですhappy01
Aroma_2012031603

 3週間ほど前にハダニが発生しましてgawk、一度だけダニ太郎を散布しましたconfident
Aroma_2012031601

 白く残ってるのはダニ太郎の跡ですね。うどんこ病じゃないよconfident
 それでも散布の翌日見た時点ではまだダニたちは死んでなくて、「もう一度散布しなきゃダメかなsign02」と思ったのですが、そのあとはダニへの嫌がらせで水を霧吹きでかけてやる以外はやってませんconfident それでも今はダニーいなくなったみたいbleah

 ダニ太郎散布と一緒に葉欠きもしてやって、大きな古い葉がなくなって貧弱な感じだったけど、いちごの実は大きくなってましたhappy01
Aroma_2012031602

 たくさん採れたーhappy02
Aroma_2012031604

 株は第3花房の花が咲いていますが、このアロマという品種、第3花房にして実の形が変わってきたのかなsign02
Aroma_2012031606

 軸も太くなって、実の先端が2つに割れてますねsign03大粒の実になりそうhappy01sign03

 また楽しみが出てきましたねwink

2012年2月 5日 (日)

水耕イチゴ通信2012年2月5日号

 耕イチゴの収穫が始まって3週間happy01 順調に毎週収穫できてますwink
Aroma_2012020402

 あれっsign02 実がないcoldsweats02sign03
 って、実はほとんど向こう側にあるんでした~~catface
Aroma_2012020401
(2012年2月4日撮影)

 先週は1月28日に13個かなconfident
Aroma_2012012801

 今週は17個wink
Aroma_2012020501
(一緒に小さなシシリアンルージュも収穫してます)

 でも実が小さいですねcoldsweats01 ボールの一番上にある実ぐらいの大きさだとイイなーhappy01

 やっぱり1花房10個以下に摘果してあげなきゃダメですねcatface
 第2花房からは摘果するかなconfident 花房が向こう側に出てるから面倒なんだよなーgawk

 お世話としては葉欠きを10枚ほど実施(1月28日)
Aroma_2012012803

 ■栽培データ
 養液: EC値1.2に設定。大塚ハウス5号添加してます。
 害虫: ハダニが若干出てます。

2012年1月14日 (土)

水耕イチゴ通信2012年1月14日号

 週色づき始めた水耕イチゴのアロマ。
Aroma_2012011401

 一週間経過してここまで来ましたhappy01
Aroma_2012011405

 真っ赤というほどではないけどガクも反り返ってきたので収穫することにしましたwink
 今日の収穫は5個confident
Aroma_2012011404

 最初の頃の花は授粉もしてないので小さな歪なものもあるけど、まずは初収穫hairsalon
 すぐに食べて見ましたけど、甘みはまだまだあまり乗ってないけど、甘酸っぱくてイチゴらしい香りで美味しくいただけましたdelicious

 第2花房も5つの株で確認できて、そろそろ養液も通常のEC値にしてよさそうですねconfident
Aroma_2012011403

 ↑第2花房が開花し始めた株もありますwink

 来週も2,3個は収穫できるかなhappy01

2012年1月 8日 (日)

水耕イチゴ通信2012年1月8日号

 植から9週目に入り、開花からは4週間が過ぎた水耕イチゴ アロマですconfident
Aroma_2012010604

 見えますでしょうかsign02 右端の方に色づき始めた実がありますhappy01
Aroma_2012010605

 写真は1月6日のものですが、ここ2日ほどで複数の実が色づき始めましたconfident
 これまでの経験だと色づき始めたら1週間くらいで収穫できるようになるので、来週末あたりが初収穫になるかなhappy02sign02

 そして、やっと第2花房が見え始めましたwinkgood
Aroma_2012010602

 今のところ2株だけですが、他の株も生育は揃っているのでそれほど待たずに出てくるだろうと期待していますconfident
Aroma_2012010603

 写真ではちょっとわかりにくいですねcoldsweats01 花房がほとんど窓側(奥のほう)に伸びてるので小さいと見えないのです。
 お正月休みに養液をEC値1.0まで上げたんですが、もしかしてこれが効いてるのかなsign02

 今のところ順調に栽培できてますね。この辺でもう一度納豆菌を散布して、実に発生する灰カビを予防しておこうかなthink

■栽培メモ
 養液EC値:1.0
 ※今朝見た「産地発!食べ物一直線(NHK)」で言ってた情報
 葉の周りの水滴は根が健全な証拠。
 収穫が始まっても葉かきを行うこと。それで根が育つ。
 1房には8~10個の実がなるように摘果する。

2011年12月27日 (火)

水耕イチゴ通信12月27日号

 植から7週目の水耕イチゴ アロマですconfident
Aroma_2011122303

 ちょっと養液EC値低く保ちすぎたかなぁ…まだEC=0.3でやってますsweat02生長がイマイチな感じですcoldsweats01
 この間、葉欠きは2回ほど行いましたが、新しい葉がそれほど大きく育ってないですねthink でも、昨年の同じ時期より株は大きくなってるみたいです。
Aroma_2011122302

 花も昨年より早くどんどん咲いていますhappy01
Aroma_2011122301

 だいたい2日おきくらいに、どれかに合計で4,5個の花が咲いてる感じですconfident
 ランナーが出始めた株もありますが、この時期のランナーは切ってあげることにしていますconfident
Aroma_2011122503

 最初に咲いた花は授粉もちゃんとできてないので歪な形になってますが、大きなものは2cmくらいの大きさになりましたhappy01
Aroma_2011122501

 そして、この時期といえばハダニーgawk
Aroma_2011122502

 今年もチラホラ出てきましたよdespair
 毎日チェックしてるけど、少しずつ増えてる感じですねgawk 危険危険sign03

 納豆菌は1回散布したけど、年末の休みになったらダニ太郎を1回いっとくかsign03happy01

管理用リンク

ジオターゲティング

天気予報

楽天アフィリエイト